すばらしきJetサウンドの世界へようこそ。
Turbo Shaft Engine
PJ-W(R) Limited Edition


フォックスコーポレーションはRDテクノトレード社の、日本における唯一の正規サービスメンテナンス工場です。
このページで紹介している、Jetヘリコプターは全てJakadofskyエンジンを搭載しています。

PJ-W Limited Edition はエンジン内部に、減速ギアーを
内蔵しています。
タービンシャフトから減速された軸出力は、右写真の
赤い部分の遠心クラッチに出力されます。
クラッチベルに取り付けられたピニオンギアーから、ヘリコプターの
メカニズムへと動力が伝達されます。
飛行機用のJetエンジンとは違い、テールコーンが絞られてはいません。
エンジンの排出エネルギーの大半が軸出力に変換されており、
排気口からの推力は飛行機用に比べて、僅かなものとなります。
PJーWのセットに含まれる物。

ECU、データターミナル、ECUバッテリー、燃料バルブ、ガスバルブ、
Fuelポンプ、SW、ガスキャニスターなどが含まれます。

PJ-Wを搭載した、AH-1S Tow コブラ、ただ今エンジンスタート。
富士演習場のイロコイスと見まがう、富士山をバックに。
まさに遭難救助中のHuey。
フォックス主催のイベントスーパーソニックで、デモ飛行中の二機。
こちらは、怪しい限りのKIOWA、サマワでも沢山飛んでます。
SWATカラーのJetヘリ。